So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

オットーネーベル展 In Bunkamura [東京日記]

今日は渋谷の文化村。オットーネーベル展を拝見しました。
DSC06261.jpg
オットーネーベルさん、存じ上げませんでしたが、Pクレー、カンディンスキー、シャガールの同時代で深い親交があったという画家です。
DSC06273.jpg

もともとは建築技師としてお仕事をされた抽象画家、詩人でもあり、俳優の学校にも行かれ(かなりのイケメン!)他分野で活躍された。
建築家だけあって、線やパースがきしっとしています。

パウルクレーと作風が似ているように感じますが、かなり点描線描がこまかいです。
そして、色が綺麗。これは冬を表現されたもの。
DSC06274.jpg

戦争に振り回され、ナチスの迫害を逃れて生活し、初期の頃の作品(これも大変美しい作品群)の殆どが戦火で焼失してしまったという。そんな暗い世相を感じさせない綺麗な作品ばかりで楽しくなる展示でした!

Bunkamuraもクリスマス模様。 毎年素敵です。
DSC06268.jpg
今日のファッション。
DSC06263.jpg
楽しく過ごさせて貰いました。感謝!!
nice!(1)  コメント(0) 

バス停にて。 [修行!]

寒くなりました。
ここ2か月ほど手こずっている絵が、森のあるバス停でバス待ちをしている人を描くというもの。
以前、取材スケッチに行った場所です。
http://ikucocosy.blog.so-net.ne.jp/2017-10-02
この周辺の同じ絵をF15号とF50号で、同時進行です。

今までざっくりとしたデッサンで、「まぁ何とかなるさ」と描き始めていましたが、今回お恥ずかしながら手こずりました。自業自得です。

これは部分。木を見て森を見ず。
森を描くのに手こずり、なかなか信号とバス停まで行けない。
まさに、森で遭難!!!恥かしい。。
DSC06251.jpg

これも部分。
信号が傾いて見えますが、上から撮影しているので、実際はまっすぐです。
バス待ち。このおばちゃんは私。
DSC06252.jpg

このバス停付近もすっかり紅葉になってしまいましたね。
20171206_162122.jpg
F50号。立て掛けて描いていました。道具を広げて部屋が少し狭く感じられる今日この頃。
油絵だからまだ良いですよね。日本画の場合は横にして描くので、部屋を占領してしまい、押し入れで生活した。なんて話を聞いちゃったりします!(笑)

次のF15とF50に向けてしっかりと下図で対策しましょう!
nice!(2)  コメント(0) 

お祭り [陶芸の記録]

今日は陶芸塾のお祭りの日。
陶芸塾の15周年記念祭りなのです。
幸いにも晴天!!
DSC06249.jpg
先生がお忙しい中、準備して下さった会場は、入り口に陶器販売、アクセサリーパーツが用意されて、アクセサリーを作ることが出来るスペース、野菜の販売。。。
名称未設定-1.jpg
中に入ると、会員さん作品や手作りのバッグ、美味しいお茶の喫茶コーナーで所狭し。

先生の皿と会員1名のカップを購入。
お茶は抹茶ラテいただきました。美味しかったです。

私は、先月お世話になった、アクセサリー作り専門のY・Tさんのご指導のもと、アクセサリーを作りました。 キーホルダーは自分でそそくさと作りました。
紺のヒモもYさんがご自宅から持ってきてくださいました。 淡い色で統一したアクセは赤いストールに似合いました。
DSC06248.jpg

DSC06243.jpg
私の家シリーズも陳列されました。
下の段にも友人のが。。!
DSC06244.jpg
お疲れさまでした!!
・・・15年も続けてこられたなんて。先生の(相当な)ご努力と優しく粋な仲間たちに頭が下がります。 この一員で幸せだと思います。
nice!(0)  コメント(2) 

Birds! [修行!]

最近、小鳥を描いてみました。
※パイ・インターナショナル社「世界のかわいい小鳥」から引用。
これは、中央に文字を入れて看板にするつもりで。
DSC06182.jpg
好きな子を3羽選んで配置してみました。
左の子がお金持ちそうで威張っている?右の子、赤い実を食べまくり。

くしくもこの秋、ミミズク(これは石造でできたものです)
を描いたばかり。
20171021_110235-1.jpg
ちょっとした鳥ブーム?
小鳥は、ほかの看板にも描こうと思います[ぴかぴか(新しい)]
[ぴかぴか(新しい)]
nice!(1)  コメント(2) 

二人展に行って来ました! [東京日記]

今日は楽しみにしてた二人展に行って来ました。
DSC06199.jpg
室内の写真は撮っていません。マナー厳守!あくまでも!
詳しくは・・・↓↓
http://galleriatokinoshizuku.com/index.html

昨日よりもずっと冷えた朝。
愛車ワゴンRに乗り、出発。
DSC06187.jpg
至るところに紅葉しはじめた木々を目で楽しみながら、走ること45分。
紅葉の写真は撮っていません。安全運転!あくまでも!!

同じ陶器というカテゴリーの中でも、正反対のお2人の作品を楽しませてもらいました。
私が迷った挙句、家に連れて帰ったのは、織部で施釉された香炉。 
葉書のものと同じタイプです。
動物(とかげ)なのか、乗り物なのか、判らない。トカゲだとしたら背びれの部分が階段にも見える、色々な見え方をする不思議で魅力的な香炉です。 背中にある煙突からモクモクとお香の煙があがるのです[ぴかぴか(新しい)]

同じデザインで本当にトカゲっぽいものもありましたが、より不可解な形態に惹かれました。
帰宅してからもうっとりと机の上のカレ(カノジョ?)に見とれています。
この子に乗って、何所へ行こうかな?
・・・大事にします[かわいい]
nice!(1)  コメント(0) 

お仲間の展示会に行って来ました!

今日はお仲間のかたの展示会に拝見に行きました!
先日、私の家Houseシリーズもご一緒に展示販売のお声をかけて下さったのです[かわいい]

さてさて、いそいそと・・・
DSC06113.jpg

階段を登って行くと、タタラつくりの猫ちゃんお出迎え。
DSC06114.jpg

サンタさんと彼らを囲むような家。私の家の4件のうち、1件売れていました!
あと2日!他の家はどうかな?!
DSC06115.jpg

豆皿コーナーと人形コーナー、アクセサリーコーナーと分かれています。
私は今日はアクセサリーを購入しました。とても気に入っています[黒ハート]
DSC06128.JPG

こつこつと楽しみながら作り続けているものが、形となり誰かに貰われて楽しみにされています。なかなかできることではないと思います。素晴らしいですね。
nice!(1)  コメント(0) 

最近はドライヴ [東京日記]

今日は、数年前の恩師の展覧会へ拝見に上がりました。

大好きなスズキのワゴンRで「出発。」
東京八重洲へ。
DSC06093.jpg

かつての恩師の所属する日本画の会でした。どちらの作品も素敵なものでした。
昼ごはん食べ、
DSC06101.jpg

帰宅するにはちょっと早い・・・?
2キロほど先へ足を伸ばし、押上へ。 押上といえば、
DSC06106.jpg
スカイツリータウンへ行って見ました。近すぎて高ーい!

今まで車は単なる移動手段でしたが、このところ運転を楽しんでいます。
運転中、カーナビに返事をしようが、咳をしようが、チョコをバリバリ食べようが、変顔して遊ぼうが(笑)、車内では自由です!!

8月に質の悪い長い風邪を得てしまい、気管支炎、気管支喘息に。。。アレルギーの為、外出のあと熱が出てしまった9月。。。
我ながら情けなくかなしくなっっちゃいましたが、10月はウィルスや雑菌を避けるべく(温室育ちじゃないけど)車で出かけたところ、早いし楽しい。という結果でドライブを楽しんでいる次第です。

悪いことの後には結構良い発見があるかもです[車(セダン)]

nice!(1)  コメント(0) 

展示会に参加! [陶芸の記録]

陶芸塾でご一緒の方で毎年、吉祥寺で個展を開かれている方がいらっしゃいます。
今年、11月2日から5日までの個展に、私の家Houseシリーズにお声がかかりました。

本日、展示の品をお引渡しします。

DSC06018.JPG

まるでファンタジーのような、Tさんの作品展覧会。
今回は11月ということで、クリスマスをテーマにした展示で、それに合うような物をチョイスしました。

どんな4日間になるのでしょう。。。
nice!(1)  コメント(0) 

六本木ドライヴ IN新国立美術館 [東京日記]

新国立美術館に18日から独立展が開催されました。
18日は運良く良いお天気で、1時間少しで六本木に到着。
DSC06066.jpg

素晴らしい大作の作品が所狭しと展示される。
DSC06082.jpg
併せてお隣の会場の二紀展も拝見しました。中には私の感性に触れる作品も多くあり楽しかったです。
一つ一つがパワーのある素敵な作品で、ぎゅうぎゅうの飾られ方がなんだか勿体無い感じでした。(毎年のことながら・・・。)
晴れた外苑通りをドライブしながら帰りました。しみじみと観てきたアートの素晴らしさを感じながら。
nice!(0)  コメント(2) 

ボストン美術館の至宝展In東京都美術館 [東京日記]

今日はボストン美術館の至宝展を拝見しに、上野までドライヴ!
行きたいと思っていたけれど、なかなか行けなかったので、駆け込みで行って来ました。
この写真コーナーにいらっしゃるお2人はゴッホの作品に描かれた知人(恩人)夫婦です。
DSC06037.jpg

紀元前エジプトのツタンカーメンの頭部(18歳の美少年だ)から、中国の南宋の水墨画、日本の浮世絵役者絵、有名な涅槃、フランス印象派絵画、近代アメリカのウォホールなど、まるで美術史を追っているような・

どの国にも言えるのが、戦火を逃れて、誰かしらコレクターのお蔭で大事にボストンに所蔵されていた、まるでタイムカプセルです。感謝です。そして、それらの作品全て、強運というか何か霊力の様なものが宿っているように感じました。 それもやはりコレクターの目に留まってお買い上げされた優れた作品だからでしょう。。改めてありがとう。ボストンのみなさん。
混んで居ましたが良い作品が沢山観られて嬉しかったです。

今回の展覧会をイメージしたプレート。
DSC05961.jpg

こちらはカラフルな上野パンケーキ
DSC06038.jpg

パンダ誕生に湧く上野公園には、パンダのイラストが増えていました。
DSC06044.jpg

少しだけスカイツリーまでドライヴして帰宅。よい休日でした。[わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -