So-net無料ブログ作成

ブリューゲル「バベルの塔」 In東京都美術館 [東京日記]

ブリューゲル「バベルの塔」展へ行って来ました。
DSC05775.jpg

有名な、お決まりの。
DSC05777.jpg

16世紀のネーデルランド(オランダとベルギー)の画家たち及び、ヒエロニムス・ボス、そして追随するといわれるピーター・ブリューゲル。
今回は、宗教画から始まり、ボスの作品(弟子による模倣作品も含む)それから、有名なブリューゲルの「バベルの塔」。

人間が野心を抱き作り始めた塔を見て神様が怒り、人々の言語をバラバラにしてしまった。言葉が通じ合わなくなった人々は塔の建設をやめざるを得なかった。「思い上がってはいけない」という教訓的有名な話。 塔の上のほうが赤レンガで綺麗でした。

ボス作品、独特の不可解な形態を、こどもの頃に見たとき、「なんだろ~う。」と印象に残って見続けたものですが、今日もじいっと見入ってしまいました。 ボスの死後、工房のお弟子さんたちが彼の作品を模倣したりと、いわゆる「リバイバル・ボス」ブームがおこり、その後期待を見出されたのが、ブリューゲル。 確かに同じように不思議なものが細かく描かれている。モンスター。半魚人、蛙みたいな人、木のような人。。。

会場の片隅に、ボス作品の中に出てきた半魚人、この展覧会のイメージキャラクター「タラ夫」のお人形が。
DSC05779.jpg

お土産もおしゃれ。バンダナにモンスターが沢山。
突飛なキャラぞろいで見ていて飽きないですね。
DSC05783.jpg
たいへん興味深い展でした。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0