So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ポスターを貰った! [修行!]

展覧会の最終日。
DSC07016.jpg
多くの優れた作品に目を奪われ。
DSC07019.jpg
この暑い中、友人たちが見に来てくれて、夕方までスターバックスで語っていたり。

DSC07035.jpg
最終日の搬出の時に、ポスターはがしを手伝おうとしたところ、
このポスターの作者の方から、「良かったら差上げますよ。」
と。有難く頂戴することにしました。
来年も参加したい。がんばろう。

nice!(1)  コメント(0) 

亜細亜現代美術展およびアート展開催中。 [修行!]

梅雨明けが早い今年の夏。
昨日7月3日から亜細亜現代美術展とアート展始まりました。
DSC06996.jpg

中国や韓国の方も多く見受けられ、授賞式懇親会も、日本語・英語・中国語で面白かったです。
お陰様で無事に賞状と記念品もいただきました。
DSC07002.jpg

大きい作品の現代美術展と小作品のアート展の二つに分かれており、
さらに立体、工芸もあり充実した魅力的な作品が並びます。
大きい作品をみてから自分のものをみると
やはり(いつものことながら)見劣りがしてしまいます。
まだまだひよっこだなと。
この場に参加できるのも良い経験です。

子供のころ、父の知り合いが出品していた展示に、毎年連れて行ってもらった記憶が蘇ります。
幾つかの不思議で素敵な作品に小学生だった私は魅了されたものでした。
長じて中年になった今、(片隅だけど)自分も同じ場所にと思うと少しばかり感慨深いです。

展示は日曜日まで続きます。
nice!(0)  コメント(0) 

5月から6月の作品! [修行!]

こんにちは。
ぷらぷら出掛けてばかりの出来事ばかりで、
作品をUPしていないので、ここらでひとつふたつ。

春先に描き始めたものが今頃になって完成(いや、完成には今一つまだなのかも。)。
5月に半月ほど休まなくてはならなかったので。。

いくつかのモチーフの中で、お好きなものドウゾ。という感じなので、
イチゴを選びました。
・・・正確には左はじのバスケットのなかの赤い丸いものがイチゴです。
主役なのに目立たないね。(笑)
DSC_0078.jpg

これを描くのに当たってのデッサン。
DSC_0038.jpg

私は、こつこつデッサンが好きです。
ということで、次に向かいます。。。!

nice!(3)  コメント(0) 

プーシキン美術館展 旅するフランス風景画 In 東京都美術館 [東京日記]

梅雨の晴れ間で、久々にお天道様が顔を出しました。
向かった先は・・・前から行きたかったここ。
DSC06936.jpg

ロシアのプーシキン美術館からの17世紀から20世紀までの風景画が来日し、見ごたえのあるものでした。なかでも広告となっているのは有名なモネ26歳の作品でした。
他にも、ルノアール、セザンヌ、クールベ、ルソー、ボナールやシニャック、ピカソなどのビックネーム揃いが拝見できました。

始めは古典的な風景画。神話や歴史の一ページの後ろに、空気遠近法を用いて精緻に描かれている近代絵画の源流で、えりを正してピシッと見る感じでした。

徐々に時代が進んでくるとともに、近代化するパリの都市の風景。ガス灯が1万5千ほど増設されるとか、その作家が何に惹かれたのかが分かり易いものになります。

やがて鉄道が作られ、画家たちは徐々に郊外へと足を運び、印象派の始まりとなります。
アウトドア用品のようなものも開発され野外スケッチが容易になるなど、時代の変遷が分かります。なるほどです。そして鉄道ありがとう!

館内にはプロジェクションマッピング(というのか?)リアルな木漏れ日が揺らめくモネの睡蓮の庭が映し出されていました。

さて、最近の「お写真どうぞ」のコーナーは随分と作り込んでいるなぁと感心しました。
DSC06942.jpg

そして、この展をイメージしたというプレート。
ちょっと地味ですが(笑)、素朴な味で美味しくいただきました。
館内の冷房で冷えた体に温かい紅茶は美味しかったです。
DSC06944.jpg

ロシアの実業家によってコレクションされたという名品の数々。
美術品は公共のものだという考えによって作られた美術館。その考えが素晴らしいと思います。
実業家らしいシビアな目で選別されたのだと感じます。
DSC06938.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

エッシャー展 In 上野の森美術館 [東京日記]

知人の展示を有楽町で拝見した後、時間があったので、上野へ。
エッシャー展へ・・・!
ここ!!↓
http://www.escher.jp/

DSC06918.jpg
混んでいましたがまぁまぁ観ることが出来ました。
デジタルの無かった時代に精密に製作された作品群。
細かい!!

不可能立体や、無限階段。魚が鳥に変身していく「だまし絵」はトロンプイユといわれ、とても有名ですね。
この展ではその前の時代の20代後半から30代前半に訪れたイタリアの風景や建築を精巧に描かれていました。アマルフィの岸壁の上に立っている複雑な形態の家など。
それが有名な不思議建物の着想につながっているのかなと。
エッシャーがエッシャーになるまでの変遷。。。!

さて、私も以前(8年くらい前になる)、フォトショップなどで簡単なだまし絵トロンプイユを描いてみたことがありますので、それをUPしたいと思います。
その1.「フラッグ」歪んで見えるけど、正方形の集まりです。
32382_305739202870662_1986253315_n.jpg

その2.「悪魔のフォーク」左手前と右奥のでは本数が違う。
305916_302262809884968_115039755_n.jpg

その3.「不可能立体」これも左と右では奥行の認識が違う。でこぼこ。
14211_302262543218328_1992055982_n.jpg

人間の目って面白い。私の3つは単純な形ですが、件のエッシャーの作品はモティーフもほんとうにリアルで、デザインとしてもお洒落なものでした!
nice!(5)  コメント(0) 

花菖蒲園 IN 東村山市 [東京日記]

今日は東村山市・北山公園というところにある花菖蒲園にいってきました!

https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/tanoshimi/shizen/midori/kitayama.html

明日から梅雨入りということで、貴重な晴れ間。
晴れて暑くなりました。
八千株の花菖蒲に、約10万本の花が咲くという広大な規模です。
DSC06870.jpg

同じ色の花が無い。白、紫、藍、ラベンダー、ピンク。
DSC06893.jpg

公園にまたがる小川のせせらぎに涼を感じる。
DSC06905.jpg

今年は見ごろは早かったそうで、良い時期に行きました。
これほどの花、かなりの手間がかかっています。感謝です。
一万歩数歩きました。暑かったけれど楽しい一日でした[かわいい]
nice!(2)  コメント(0) 

亜細亜美術協会アート展の入選のお知らせ [修行!]

こんばんは。
前回のお知らせに少しふれました、もう一つの展覧会からの入選通知が今日、届きました。

img024.jpg
お陰様で入選することが出来ました。

秀作賞というものが頂けるそうで、少し嬉しいです。

IMG_20180528_175235_909.jpg
いや、少しではなくて、結構嬉しく思います。 動揺して先程から漢字変換を間違えまくっています(笑)

初めての亜細亜展参加で、「世の中そんなにあまくないぞ。」と思って封書を開けたところ、思いがけぬ結果に、喜んでおります。
創作の意欲が枯れないように、これを励みに感謝の気持ちを持って前進成長できたら!!と思います。

nice!(1)  コメント(0) 

第31回上野の森美術館 日本の自然を描く展 入選しました。 [修行!]

5月も過ぎようとしている今日、第31回日本の自然を描く展の入選通知を頂きました。。

風景画メインの公募展という認識があり、「風景画は入選しやすく静物画人物画は選外になり易い」と思っていたのです。

まさかの・・・逆パターンでした。。。!
DSC06853.jpg
大好きな墨田区の風景画が選外となり、こんなもんかなという静物画が入選しました。
件の風景画は自分なり気に入って(自画自賛だな~)おりました、とても驚きました。

審査員の先生がたはいずれも言うまでもなくプロ中のプロ。やはり目が違うんだなぁと実感しました。
なにはともあれ、未熟な描き手の作品を選んで頂き、参加させて頂き、大変感謝です。
また、落選という結果になっても、我が子は可愛い。そんなもんです。

今年もこの道を通う事が出来ます!(写真は去年だよ)
DSC05881.jpg

もう1件、入落結果待ちの公募展があります。良い報告が出来ますように祈ります・・・!
nice!(2)  コメント(0) 

人物画(友人の女性ヴォーカリスト) [修行!]

最近、描き続けた女性ヴォーカリスト。
歌のキャリア30年以上になろうか。友人のひさえさん。

DSC06802.jpg

油彩画でF3のイラストボードです。小さいサイズなので後日プレゼントします。[プレゼント]
私がもっと描写力があったら、力強さとかリズム感とか表現できたかもだけど。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
とは言え、描いていてとても楽しかった。

因みに半年前に描いたデッサンのほうがこちら。
DSC06804.jpg
人って難しいです。一ミリ違ってしまうと別人になってしまうから。
あくまでも私の目に映った彼女ということで(笑)

今後、似顔絵人物画もいいなぁなんて思っています。
nice!(2)  コメント(0) 

江戸東京たてもの園 in 小金井公園 [東京日記]

GWは少しだけお休みを頂戴し、小金井公園の江戸東京たてもの園に行って見ました。

http://www.tatemonoen.jp/

DSC06739.jpg

ここはだいぶ前に来たことはありましたが、その後たてものが増えていると聞き、行って見たかったので、友人と休みを合わせてくることが出来ました!

江戸時代の豪農の家。明治の財閥の家や洋風建築から昭和初期の下町の商店やら乗り物まで、また、驚くことに古墳(これはさすがに!)遺跡まで移築されていて、思ったより見どころが豊富です。
山の手エリア。
DSC06727.jpg

私は、、、交番に勤務してみたり。
DSC06765.jpg
路面電車に乗ってみたり。(これ、新橋から渋谷まで走っていたらしい。)
DSC06767.jpg

可愛いお醤油屋さんでレジ打ちのバイトをしてみたり。(レジに触ってませんよ。あしからず)
DSC06779.jpg
特に西洋風建築は、題材としてはとても素適なのでスケッチをされている学生さんも多く、私もスケッチに来ようかなと思いました。

特に三井財閥のお屋敷が素晴らしかったです。お屋敷といっても戦火で焼けてこれで一部?!
芸術に造詣が深く、お屋敷の仏間には八代当主の描かれた天井絵。 さらに十代当主の方の絵も飾られて、それは丸山派の絵師の作品とも区別が付かない程です。
多くの日本家屋はそれはそれは繊細にできており、日本人の精神性の豊かさを感じました。

400円で、ボランティアガイドさんは親切に説明して下さるし、お勧めです。
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -